多田グリーンハイツと猪名川の間の斜面に群生するサクラは多くの市民に知られていたものの、照葉樹やツルに被われ悲鳴を上げていました。

私たちはH19年秋から調査を始め、翌年6月に渓のサクラを守る会を結成。エドヒガンザクラの保護活動を始めました。

思いを同じくする市民皆さんが集い、素晴らしい渓の景観を夢見ながら明るく楽しく活動を続けています。

水明台・渓のサクラ 活動を伝える写真庫は「写真アーカイブサイト」直近のブログは「活動ブログ」へ 

新しいホームページに移行しました

「渓のサクラを守る会」のホームページ

10月24日の活動報告から新しいプラットフォームに移行いたしました。

 

ホームページはこちらです!

 渓のサクラを守る会

10月17日(木)晴れ 8:20~12:30 “子供たちがやってきた。アサギマダラもやってきた!”

緑台小3年生第3回環境体験学習

参加者:29名 

緑小児童:46名 担任先生他 保護者:12名

 “子供たちがやってきた。アサギマダラもやってきた!”

 子供たちが12名の保護者みなさんと一緒に、秋晴れの渓にやってきた。保護者がこんなに大勢来てくれたのは久しぶりである。声掛けをしてくれている担任先生に感謝したい。

 Bさんのドングリのお話でいきなり盛り上がる。渓の入り口から学習広場までの間に、マテバシイ・コナラ・アラカシ・クヌギ・アベマキ・ナラガシワ・クリ:7種類のドングリがあるというお話、みんな、覚えていますか?地球の温暖化を防ぐために緑を守らねばというお話も聞きました。

 Oさんからは、音の出る仕組みのお話を聞いてハト笛を作り、「ピーピー」と吹き鳴らして喜んだ。ノコギリでタケを切る実習ではペン立てと一輪ざしを作って、今日はお土産をリュックサックに大切に詰め込んで元気に帰っていった。

 今日渓にやってきたのは子供たちだけではない。ヒヨドリバナを大切に保護して、心待ちしていたアサギマダラが、朝から2匹飛来しているのを確認してその撮影に成功した。去年は10月23日に確認したのでほぼ同じ時期である。Aさんによると、ヒヨドリバナを訪れるのはオスのチョウとのこと、しっかりエネルギーを補強して南下し、来年もまた立ち寄ってほしいものである。

(反省会:6名と先生)

10月10日(木)  快晴 8:20~12:30

参加者:38名

 気温15℃・紺碧の空、絶好の活動日和だ。今日は仕事がはかどる予感、大勢が集い渓は活気にあふれている。今日は6丁目サクラ園の共同作業日で保護者世代のお母さんたち5名も参加してくれて、朝のミーテイングの後貸出道具のハサミとノコギリを持ってサクラ園の作業に向かう。

 主力は南の植栽斜面に向かい雑草の除伐と菜種まき、放置林の整備などを行う。植栽したエドヒガンの一帯はほぼ整備が終わり若木の生育は良好である。その上部に自生のエドヒガン10数本があり、手が回らずに放置しているうちに再びつる植物に覆われ始めているので早急に刈り込みが必要になってきた。自然を守ることの難しさを思い知らされる。

 “4人娘”は今日も入り口斜面放置林に入って整備を頑張る。来週やってくる緑台小の子供たちが、入場してまず目にするのがこの“放置林と整備林”の違い、自然を守るとはこういうことだと気づいてくれるとうれしい。

10月3日(木)陽明小3年生第2回環境体験学習 曇り 8:20~12:30

参加者:28名

陽明小児童:36名 校長・担任・実習先生

保護者:6名

 飛び回るスズメバチを退治し、広場のベンチを掃き清め、水鉄砲班とノコギリ実習班に分かれて打ち合わせをしているところへ

「おはようございます!」

子供たちが元気いっぱい、渓を下ってくる。

 スーパーじいじ:折戸さんから“木の葉はなぜ緑色なの?”というお話を聞く。まるで「チコちゃんに叱られる」みたいな質問でちょっと難しかったかな?中には少しわかっている子もいてみんな楽しそうに聞いている。特に白い画用紙の上にできた虹にはみんな強い興味を持ったようである。

 ノコギリの実習でみんなが手こずったのは腰ひもの結び方。おじさんの教えるような横結びになかなかならない。でも大丈夫、何回もやるうちに上達するからね…。ノコギリを腰にぶら下げて2人一組で木を伐り始める。引くときに力を込めて、まっすぐに切るのは簡単ではないが、みんな初めてにしてはとても上手に引いて、切り口を見てもスパッときれいに切れている子が多い。お世話するおじさんおばさんもうれしそうである。

 水鉄砲作りは、みんな楽しみにしていただけに,折戸さんの説明とおじさんおばさんのアシストをよく聞いて作り上げ、水を遠くまで勢いよく飛ばして大喜びだった。

 

反省会:先生と話し合いをした。子供たちの作った「渓のサクラまとめ」を見せてもらったが、楽しかった体験が躍るように綴られていた。

9月26日(木)来週には陽明小の子供たちがやってくる 快晴 8:20~12:40

参加者:34名

 コバノガマズミの実が渓のあちこちで色づき始めた。あとひと月もすれば小鳥たちのごちそうになる。小鳥が運んでくれた種が翌年には芽生えて渓はゆっくりと、豊かに変身していく。こんな渓で今日もみんながんばった。

 スーパーじいじ:Oさんの頑張り!

来週には陽明小の子供たちがやってくるので、学習広場のベンチを手直ししてくれたOさん、実はこの数週間、時間を見つけては渓にやってきて、南の炭窯跡→尾根のカスミザクラ→エドヒガン植栽林→炭窯跡の回遊路を整備し、いたんだ階段を作り変えて本当に歩きやすい遊歩道に変身させてくれた。私たちは“無理して体を壊さないでね…”と声掛けしながらもそのガンバリに甘えている。いつもながら感謝!感謝です。

 尾根のカスミザクラをエドヒガン植栽林から見渡せるように…

南地区を中央群落に劣らぬサクラ林に仕上げるには、その間を遮る放置林を整備して、植栽林から尾根のカスミザクラをすっきりと見渡せるよう整備しなければならない。ツバキやフジ・アラカシなどがうっそうと茂る放置林に数名で入って除伐・間伐を始める。里山整備の原点に立ち返って、目的を達成するまで頑張り通したい。

 “4人娘”入り口斜面でガンバル!

夏休み明けから女性たちによって、入り口斜面放置林の整備が少しずつ着実に進んでいる。今日もまた“4人娘”が斜面の雑木林に取り付いて“これは伐ろうか、これは残そうか”と相談しながらハサミとノコギリで整備を続けている。凡そ1000㎡の斜面が既に半分ほど開けて、貴重な樹木が残る明るい“まち山”に変身した。みなさん、心地よい達成感に浸っているようですね!必ずやり遂げてくださいね!



渓のサクラを守る会の「活動と感動」が詰まっている写真アーカイブサイトは

◀こちら!